渡美塾は、コロナ禍での弊社の経営の舵取りにおいてとてつもなく大きな糧となりました。

Q. 御社の事業内容を教えてください

タイ料理店を都内に13店舗、バンコクにライセンス店1店舗展開しております。現地で経験を積んだタイ人シェフによる本格的なタイ料理で、どのお店も共通して、自宅に親しい友人を招くようなアットホームな雰囲気をコンセプトとしています。

2020年5月より、飲食ビジネスからフードビジネスへとのスローガンで、冷凍タイ料理食材の通販卸事業をはじめ、タイ野菜を中心とした農業にも参入予定ですが、タイ料理とタイ文化を通じて成長し貢献するという理念は一貫しています。

Q. 渡美塾に入塾したきっかけを教えてください

1998年末に中東から帰国した際、居食屋和民を初めて訪れ、料理の美味しさとホスピタリティに大きな感銘をうけ、その後「青年社長」を読んで、渡邊会長のファンとなりました。

一昨年、渡美塾事務局長の平渡さんのご紹介で渡邊会長にご挨拶させて頂く機会を得、渡美塾の存在を知りその場で申し込みさせて頂きました。

Q. 渡美塾を受講して心に残ったことを教えてください

受講期間とコロナ禍が完全に重なっておりましたが、経営の原理原則や過去の成功失敗事例はもとより、現役で経営の前線に立つ渡邊会長のマクロとミクロの政治・経済・社会分析、さらには次々と繰り出される経営の一手一手を解説いただき、非常に学びと勇気を頂き、心が奮い立ちました。

また、塾の中で受講生一人一人の質問にすべて丁寧に答えて下さることからの学びも大きかったです。 コロナ禍での弊社の経営の舵取りにおいてとてつもなく大きな糧となりました。

Q. 渡美塾での学びを今後どう活かしていきたいですか?今後の展望を教えてください

渡美塾で、ともに学ぶ仲間、ともに事業をする仲間も得ました。この輪を更に拡げ、経営者同士切磋琢磨し、経営を通じて、自分のまわりへ良い影響を与える存在になりたいと思います。そして、その輪は波及して、日本、世界を少しでも良くする一助になるものと信じています。経営の楽しさ・素晴らしさを次の世代へ繋げていきたいです。